印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


 

三ツ瀬

【見所】浅めの根。浅場のソフトコーラル&色とりどりの熱帯魚の景観は女性的と人気のポイント。
【水深】10m
【レベル】OW



大島漁礁

【見所】人工的なお椀型の漁礁が7?個&ブロック漁礁。テンジクダイ群は圧巻、そしてイセエビも・・・
【水深】10m
【レベル】OW

 

竹ノ尻漁礁

【見所】1m四方の立法体が広範囲に積み重なっています。そこにテンジクダイ、アザハタの生態系にアカシマシラヒゲエビ、グルクン群、カゴカキダイ群、タテジマヤッコなどが見れます。
【水深】18m
【レベルY】



五本松

【見所】多種に渡るソフトコーラル&魚たち。南郷らしい生態系を感じれるポイント。ピグミーシーホースやピカチューウミウシ、ホタテツノハゼやジョーフォッシュがいることも。




コクセキ

【見所】水深15mの大きな根が特徴のポイント。その根のソフトコーラル&キンギョハナダイの景観は圧巻。深場にはスジハナダイ。運がいいとカメとの遭遇も。
【水深】18m
【レベル】OW AOW推奨



灯台下

【見所】巨大な岩がゴロゴロ。その間を縫うように進みます。ハードコーラルも多く潮あたりがいいので大物との遭遇も期待できます。過去にはニタリ(サメ)やバラクーダ群ともの遭遇も。回遊魚群も。
【水深】10ー30m
【レベル】AOW



先端アーチ

【見所】大島の南側の端、亀裂が入りそこがアーチ状の地形になっています。南郷数少ない地形的ポイントであります。しかしながら潮あたりがいいので特に黒潮が接近した時には沖縄にも負けない水中景観が堪能できます。
【水深】15m
【レベル】OW AOW推奨



ガンガゼ城

【見所】南郷の潜水エリアでいう西側のポイント。特に冬型に気圧配置になり冬の季節風が吹いた時に強いポイント。ピカチューウミウシが高確率で見れるため人気。
【水深】18m
【レベル】OW ピカチューはAOW



双子バエ

【見所】南郷の潜水エリアでいう西側のポイント。特に冬型に気圧配置になり冬の季節風が吹いた時に強いポイント。岩と岩の間に群れるテンジクダイ群、マアジの群が見所。
【水深】18m
【レベル】OW



ゴリラ岩

【見所】ゴリラの顔のように見えるのでそう名付けられたポイント。冬の季節風時にしか潜れないポイント。穴があいてたり、メジナやイサキの群が見れることも。
【水深】18m
【レベル】OW AOW推奨



さぐり瀬

【見所】水深40mオーバーのエリアにあるトップ14mの根。潮あたりがいいのでニザダイやメジナ群、壁のイソバナにはクダゴンベ(現在留守)、深場にはスジハナダイなど魚種は書ききれないほど豊富。平均深度深いので深度の管理は大切。
【水深】30m
【レベル】AOW



トンバラ

【見所】水深40mオーバーのエリアにある塔のような地形のポイント。とにかく潮あたりがいいためニザダイ、メジナ、イサキの群は圧巻の景観、スズメダイやハナダイ系の群も壁際に乱舞。深いうえ、流れることも多いので慎重な計画、潜水が必須。
【水深】35m
【レベル】AOW



ハナダイ

【見所】大島東側にある大きな2つの根。今ではキンギョハナダイが群れるポイントは多く見れるが。その先駆けのポイント。アマミスズメダイやコガネスズメダイ群、壁際にはウミウシ多数、隙間にはイセエビもよく見られる。
【水深】20m
【レベル】AOW




稲ヶ瀬

【見所】大島裏側沖にある大きな根の豪快ポイント。何といっても夏に見れるツバメウオ大群は圧巻。魚たちは基本大きめ(笑)程よく泳ぎながらのダイビングスタイルがオススメ。
【水深】25m
【レベル】AOW




水島

【見所】言わずと知れた一級ポイント(釣りでも)過去にはニタリザメやマンボウの目撃情報もあり。マダラトビエイの群やイトヒキアジ群など可能性は無限大。50ダイブ以上の経験がオススメ。
【水深】30m
【レベル】AOW 50ダイブ




ムネヤマ

田中もまだ経験不足のため、情報少。m(__)m





中瀬

田中もまだ経験不足のため、情報少。m(__)m